タッチパネルとは

今ではすっかりと普及している技術

さて、それではここから本題へと入っていこう。そもそもどうしてデクセリアルズ株式会社という、化学メーカー業界として考えればそれなりに大きい企業についての話をしているのかだが、それはこの企業が生産しているあるものが、現代社会においてより近未来化を象徴しているアイテムを2000年から生産しているからだ。その製品とは『タッチパネル』だ、これを利用しない人はまず存在しないだろうといわれるまで、我々の生活に密接したものとなっている。ただそれでも必要に応じての製品であり。必ずしも一日に一度は利用しているかと聞かれたら否と答える人もいたが、今では違う。タッチパネルを急速に日常における当然の技術として普及させたのが、2007年に登場した『iPhone』の存在だ。その後スマートフォンが登場し、アメリカや日本だけでなく、世界各国にてそれまでの方向キーを操作して動かすモデルではなく、画面に直接タッチして操作するタッチパネル方式の携帯が当然のようにその地位を向上させている。

そうなる前まで、タッチパネルといえば主にどんなところで使われていたのかというと、

  • ・駅の券売機関係
  • ・銀行のATM操作への導入
  • ・コピー機やファックスなどの電子機器

などに応用されていた技術だと思う。現代でもタッチパネルの操作にはどうしても不慣れという人もいるだろう、だからこそ今はまだすべての人にとっての『当たり前』となっているわけではないものの、いずれはこうしたタッチパネルを導入した電化製品が続々と登場する可能性が大いにあるのは理解してもらえるはずだ。そうなってくると想像できるのが、二次元などの未来的世界で見られるような世界観が実現するのもそう遠くないと考えれば、個人的な主観としてもちょっと楽しみではある。

ただ正直なところ、筆者はそれこそつい最近までスマホに対してあまり良い印象を持っておらず、世間的に言うところのアンチといったようなところが少しばかりあった。技術としてみれば素晴らしいと思うが、さすがにまだ使わないだろうと考えていたのだが、ちょっとした事情から買い換えなくてはならなくなったため購入してみると、便利なものは便利なんだなぁコノヤロウと、渋々と少し悔しくなったがそれなりに使い心地には満足してしまっている。我ながら何とも切り返しの良い性格をしているものだと感じるが、そういった感情を抜きにしてもタッチパネルという技術を導入した機器製品が今後も出てくることについては、非常に関心がある。

ただそれでもタッチパネルにはまだまだ課題として残されている部分もある、また今後どのように進化して行くのか、タッチパネルといっても種類があることなど、色々と語らなければならないため、ここからしばらくはタッチパネルに関して考察を加えつつ話をしていこう。

スキルをブラッシュアップ!

タッチパネルの特性

タッチパネルはその名の通り、ディスプレイ、または電子パネルの画面に直接触れることで操作するものだ。銀行や郵便局の操作パネルなどをよく利用しているから大まかな操作法はそこまで詳しく言及する必要もないだろう。タッチパネルに触れるのは指と専用のペンである『スタイラス』というものが画面に触れることで、触った位置に情報を感知することによって外部へ情報信号として出力されるものだ。あまり難しく語りたくは無いので、つまりは画面に表示されている希望の内容に触れることで、望む展開を導き出すことが出来るというものだ。

最近では一部のパソコンでもタッチパネルを搭載したモデルも存在しており、いずれは全てのパソコンがタッチパネル対応となる日も近いといえるかもしれない。ただコスト的な問題を考えると、いかにローコストで提供できるかといった所も気になるところではある。その辺の細かな部分も気にはなるが、さすがにあれやこれやと伸ばすと時間がかかってしまうため、ある程度的は絞らせてもらう。

特性についてはこんなところ、では次にタッチパネル独特の利点と、今後も検討していかなければならない欠点について少し挙げてみよう。

タッチパネルの利点と欠点

利点 欠点
操作が簡単 指紋や油などで汚れる
全体的に小型化することが出来る 汚れによって操作が出来なくなる
簡易入力ならキーボードよりも早い フリック入力では、素早く打つ事は出来ない
多彩な操作性を実現することが出来る 押しボタンと両方ある場合、役割の違いが混乱する

簡単にまとめてみたが、付け加えるならタッチパネルを操作するのに苦労するのはやはり中高年世代の人々、または視覚に障害を持っている人にしてみればタッチパネルは不便と感じる部分は大きいかもしれない。筆者の父親もタブレットを購入した時にはタッチパネルに慣れていないため、今でも不慣れな操作法に戸惑いながら頑張って使用しているところを見ると、先端過ぎる技術による弊害といった面を垣間見れる。それに比べて若年層、10代から30代までの男女層についてはよほど機械類に対して抵抗感を持っているなどの苦手意識がよほどなければ、それほど障害となる要素は存在しないだろう。結局のところタッチパネルの操作も簡単だが、簡単と感じるまでは訓練を要することになる。

またこれも問題として挙げられるのが、ディスプレイに『直接』触ることになるため、画面が汚れやすいというのは気になるところ。筆者は携帯などのディスプレイに細かな汚れが有るだけで我慢ならない人だ、単純に汚れで見えなくなってしまうというのも理由だが、タッチパネルではそうした汚れによって操作することができなくなってしまうという欠点が生まれてしまうところは致し方ないのかもしれない。実際、市場にはディスプレイには汚れがつかないようにする保護シートなどが販売されているため、それらを使用すれば何とかなるが、そんなものにお金なんて使いたくないと感じる人からすれば、買うことさえ踊らされていると感じられるのかもしれない。

タッチパネルが導く電子機器の未来

ここ数年間で進化した電子技術の1つである『タッチパネル』、スマホに導入されたことでより日常に身近な存在になったものの1つだ。そして意外と知らないだろう、タッチパネルについての知識や原理など、全般的に知らないことだらけだったので全部ひとまとめにして調べてみた!