将来性はいかなるものか

タッチパネルがもたらす、本質たる技術成果とは

先に紹介したように、タッチパネルが今後もその技術を躍進させることで私達の生活に大きな変化をもたらすことになる、兆しこそ見出されていると見るべきだろう。これからどのようにその技術は生長していき、応用の対象となって行くのかについては単純にディスプレイで操作するためだけの機能では事足りない部分がある。タッチパネルは導入されると同時に登載されなければならない機能を保有していなければならない、それは先ほど紹介した家具の中で何気に使用していたが分かっている人もいるだろう。そう、タッチパネルという装置には更に付属させなければならない機能として、『動作感知センサー』が備わっていなければ、その真価を堪能することは出来ない。ソファや椅子、ベッドといったものにただタッチパネルだけが搭載されても意味は無い。ベッドならば病院などで使用する殿堂ベッドに搭載されれば操作こそ簡単になって便利かもしれないというところもあるが、ソファや椅子に果たして背もたれが自動で傾く機能が搭載されていなければならない理由も核として存在しているわけでは無い。

であればタッチパネルだけの機能では不十分ということになる、日々の生活にタッチパネルというシステムが普及するためにはどうして決定打に欠ける。誰のために有効活用できるのかと、特定された人々だけが活用できる機能だけではならない、それはセンサーという点からも把握することは出来る。タッチパネルがもたらす技術により、あらゆる人々が機械の先回りによって快適かつ安全安心な生活を送ることが出来る『透明なサービス』が生まれていなければならない。

誰もが便利だと感じられないといけない

タッチパネルを利用するのは確かに便利だ、だが透明なサービスを実現できるという意味ではその可能性を示唆するのだけでも相当な遠道だ。動きを感知することが出来るセンサーを導入するのもコスト的な問題を加味すれば必須だが、そうした機械色を家具に搭載することも容易では無い。携帯やパソコンなどにタッチパネルがあっても、大部分の人はしょうがないと違和感を感じることは無いかもしれないが、家具に関しては別問題だ。

家具は基本的に木材を材料としているものが大半を占めている、そしてそれを好む人も多い。木材には木材ならではの利点があり、そこへ科学技術の結晶とも言えるタッチパネルを搭載するとなったら、自然味溢れるものが機械色を含んでしまうことに対して抵抗感が生まれる可能性は無きにしも非ずだ。筆者もそういう意味では木製の家具に機械が入り込むのは正直あまり納得できるモノでは無いため、出来るなら無縁であって欲しいと思う。

またタッチパネルにはどうしても解消しなければならない問題がある、それは『ディスプレイ』から目を離せないという点だ。パソコンの場合、操作するためには基本的にキーボードとマウスを使用することで画面上の操作を行うことが出来る。最近ではそこへタッチパネルが搭載されたことで操作が簡略化されている。ただパソコンとタッチパネル式の携帯やアイパッドといった製品との違いは操作を行う際だ。パソコンで文字を打つときにキーボードで入力することになれば、慣れている人ならブラインドタッチで画面を見つつキーボードに視線を時折落としながらでも迅速に文字を打つことが出来るが、スマホなどのタッチパネル式の場合についてディスプレイから視点をそらして操作する事は事実上不可能だ。それはパソコンと勝手が違って、一定の場所にいつでも同じボタンが存在しているわけでは無いからだ。パソコンのようにキーボードやマウスを動かして自由自在に使いこなすのではなく、ただ一点として画面から目を反らせないのは操作するという意味では、不便で仕方ないと感じる。そういう意味でこの画面から目を離しても操作できるようにするためにも、その点を解消することが出来る何かしらの変化は必要だ。

タッチパネルに慣れると生まれる弊害

ここで一つ最近の少し興味深い話題がある、それはタッチパネル式のスマホなどの操作は早いが、キーボードでの文字入力が出来ないという若者が増えているというのだ。タッチパネルに搭載されているフリック入力こそ、驚くようなスピードで文字入力をこなして行く事が出来ても、コレがパソコンのキーボードになったらまるで嘘みたいにそれこそ文字入力そのものが出来ないという若年層が増えているというのだ。正直信じられないのだが、それらの人は自宅にパソコンがなく、スマホやアイパッドなどでインターネット環境を済ませている人も中にはいる。だからこそキーボード入力が出来ない人が出てきてもおかしくは無いが、この先どんなに可能性を示唆してもキーボードというものがその存在を消すことは無いだろう。

技術としてキーボードを電子的なタッチパネルタイプの物が登場しても、従来のキーボード入力がその存在がかき消されることは無い。そもそもスマホなどに利用されているフリック入力はあくまで簡易的に開発されたモノで、本来の入力方式では操作が複雑化してしまうことを解消するために開発されたシステムだ。これもまたタッチパネルによってもたらされた弊害だといえる。

スキルをブラッシュアップ!

スマイルハウスは伸恵建設株式会社の注文住宅です。金沢 住宅自由できめ細やかな設計・耐震・耐火も万全!そんな安心して暮らせる家づくりをさせていただきます。まずはお問合せください!

改善策は改良することは出来る?

ディスプレイから目を離すことが出来ないのがタッチパネルの特徴だが、それを解消するための手立てとして考えられているのが、入力時に触った画面から振動が伝わってくるなどのシステムが搭載されていることだ。コレは最近のスマホでも設定次第で振動が消えるようにするか否かを決めることは出来るが、何かしらの理由は無い限りはバイブを消している人が多いかもしれない。筆者はあるに越したことは無いのでそのままにしているが、それでもこの振動があるのは良い機能だ。だがそれでも満足はいかないだろう、ここで話をしているのはあくまで『見ることが出来る人』向けの内容だ。この時視覚障害などを患っていたら、当然ディスプレイから目を離すことが出来ないタッチパネルは操作するだけでもかなりの疲労となってしまう。そういう意味ではこの問題はその根っこはまだまだ深いところにまで探りを入れなければならない。

タッチパネルが導く電子機器の未来

ここ数年間で進化した電子技術の1つである『タッチパネル』、スマホに導入されたことでより日常に身近な存在になったものの1つだ。そして意外と知らないだろう、タッチパネルについての知識や原理など、全般的に知らないことだらけだったので全部ひとまとめにして調べてみた!