携帯以外への導入

進化に伴う日常生活の変貌

私達の生活は大きな転換期を迎えているといえるだろう。ここでのメインテーマとしている、そしてデクセリアルズが技術開発も行なっているタッチパネルというシステムが本格的に確立された今、この技術が携帯だけに応用されるだけのモノで終わることは無い。事実、携帯以外の物にもタッチパネルを利用する機会は益々増えており、その中でも個人的に中々新鮮味を覚えたのは清涼飲料水の自動販売機だ。全ての地域・駅に普及しているわけでは無いが、23区内であれば頻繁に見かける機会も多い電子パネル式となっている自動販売機については、かつて夢見ていたような近未来の世界を垣間見ていると思えるもの。何度か利用した事はあるが、普段からそこまで利用しているわけでは無いため、違和感こそ拭いきれないものの抵抗感が有るわけでは無い。いつかこんな時代が来るのかもしれないと感じることはあったが、さすがにこれだけ早く現実のものとして開発させた技術者の維持と執念という名の夢をかなえるための力は底知れないというわけだ。

タッチパネルといういかにも先進的な技術が取り入れられているのを本格的に触れる機械は、主に携帯や自動販売機、タッチパネル式を搭載しているパソコンなどが主流だろう。ただコレは本の大きな流れの中で枝分かれした技術進化の一端でしかない、タッチパネルというものがこの先更なる技術的革新を巻き起こすことによって、更なる日常生活への導入が期待されている。全ての人がそれを望んでいるかどうかという点については何とも言い切れない部分ではあるものの、時代の流れに沿うように適合して行くのも大事な使命なので、納得するしかないのかもしれない。些か感慨深く感じられるが、様々な方面からの力に翻弄されるような事態になっても、自分たちが不得手になるようなことにならないことだけが気がかりだ。

この項目ではそういったタッチパネルという存在によってもたらされる更なる生産とそれによって生まれるかもしれない弊害などについて、まとめて考察していこう。

まだまだ進化の過程だが、可能性はある

タッチパネルの利点と欠点、そして種類における特徴と違いなどをコレまでに紹介してきた中でいえるのは、タッチパネルというものがまだ未完成であるということだ。携帯市場に導入されて既に始まりから7年ほどの時間が経過しているが、慣れないという人がいても何らおかしくは無い。そもそもスマホやアイフォンといったものに機種変更することに意味を見出せない人もいる、筆者もその一人だった。筆者の場合はある事情からどうしても変更しなければならなくなったため、ガラケーを卒業することになった。リアルな話をすれば変更してからこの記事を書いている時点で丁度二ヶ月ほどの時間が経っているが、毎日利用している甲斐もあって基本的な操作についてはそれほど慣れてきたといえる。正直ガラケーよりもスクロールといったものは動かしやすくて便利だが、フリック入力だけは受け付けられない。この機能によって筆者は携帯を使用する用途が少し変わってきてしまったので、そういう意味でスマホならではの、個人的に抱えていた致命的とも言える変更する必要もない欠点に直面してしまったので、痛し痒しだ。

ここでミソなのは、『変更する必要性を見出せない』に焦点を絞るべきだ。最新の技術として応用されているが、それを今の時代で利用しなければならないほどタッチパネルを使用する機会が本当に多いのかは、疑問としてもつべきところ。最新を知ることで見聞も広がるが、人の生活には知識だけですべてが上手く運ぶことは無い、その知識を応用できるだけの技術も伴わなければ宝の持ち腐れでしかない。タッチパネルを導入すればコレだけ生活が快適になる、そういう意味ではまだまだ可能性を示しきれていないとも分析する事が出来る。

そんな中で携帯の次に日常生活の必須アイテムとして利用されているものへと、技術を応用してみようという動きも見られている。その1つとなっているのが、携帯の次に『タッチパネルを搭載した家具』というものだ。ある研究者はいずれ私達の生活はあらゆる面でタッチパネルを生かした技術品で満たされることになると考察しており、筆者もゆくゆくはそうなるだろうと思っている。

スキルをブラッシュアップ!

主にどんなもので利用されるか

具体的にどんなものにタッチパネルという技術が応用されることになるのかだが、そちらについては例を挙げて話をしていこう。

1:ソファへの応用
例えば何処の家庭でも必ずといえるかは少し微妙なところだが、大多数の世帯では見かけられるリビングのソファにタッチパネルが搭載されるとどうなるかだが、主な役割として照明と連動している。リビングのソファに内蔵されたセンサーによってソファで横になるといった動きを感知する事で、室内の照明を暗くなったり、電球色へと自然に変わったりすることもある。
2:椅子への応用
ソファと違って、椅子に動きを感知するタッチパネルを搭載すると、連動して行われるのが『座っている人間の姿勢』についてだ。必ずしも椅子に腰掛けていると姿勢が崩れてしまうのはよくあること、そんな時タッチパネルが備わっていれば、姿勢に関して崩れているという案内を行ってもらえる、
3:ベッドへの応用
また寝具であるベッドにタッチパネルが搭載されることによって、床ずれや呼吸を読み取ってもらえ、そうする事で健康管理に役立てる情報が得られる。センサーに反応しているため、就寝中に自分がどの程度の呼吸や寝崩れを起こしているかがわかるというのは面白くもあるが、知りたくない人もいるかもしれない。ただ健康が維持できるのであれば話は別だ。

上記の紹介はあくまでほんの一部に過ぎない、どのような導入がなされるかでタッチパネルというものは更なる進化を遂げることになるだろが、それについては技術者のみぞ知るところかもしれない。私たちの方でも想像することは出来ても、実現させるだけの力は存在しないため、後は時代に流されながら進化を見守ってみるのもありだ。

タッチパネルが導く電子機器の未来

ここ数年間で進化した電子技術の1つである『タッチパネル』、スマホに導入されたことでより日常に身近な存在になったものの1つだ。そして意外と知らないだろう、タッチパネルについての知識や原理など、全般的に知らないことだらけだったので全部ひとまとめにして調べてみた!