タッチパネル市場

国内的に見ても、非常に盛んになってきている

タッチパネルは元々券売機やATMといった公共性の高いところでの活用が主となっていた。初期の頃はボタン式だったが、取りやめてタッチパネルへと変遷されたのはもちろん理由もあるだろう。詳しく何かを明言している資料こそないが、考えられるのは不特定多数が使用することになる場で、ボタン式は人の力加減と使用している回数で耐久力に問題を抱えてしまう。そして最終的に待っているのは故障ということもありえるからだ。人によってはボタンの押し方もまちまちで、力一杯押す人もいれば、ほとんど力を入れないでボタンを押す人もいるだろう、つまり適切な力加減でまともに押している人はほとんどいないということだ。大抵前者の力一杯押す、または何故か叩くといったことをしている人もいる中で、扱いによって壊れてしまい、その度に修理に出していては割に合わないからだろう。

だからこそ券売機などは全てタッチパネル方式を採用したと、そう考察することが出来る。かなり限定的な使われ方でしかなかったタッチパネルの導入も2007年に登場したアイフォンによって、一般層の人々でも普段からタッチパネルを使用した生活が年月を超える毎に当たり前となっていった。元は産業用として汎用される事が期待されていたタッチパネルはいつしか一般市場における電子機器の新しいあり方として、本来の役目と同様に大いに活用され、さらに多くの人が一度は触れた事があるものというところにまで進化することに成功した。

そうした意味で考えると、タッチパネル市場というものは実に奥が深いことが分かるだろう。今ではパソコンのモニターにも一部タッチパネル方式が導入されている中、益々市場拡大と汎用性の高さを向上させていくことになると見るべきなのかもしれない。

2010年頃から急成長した

2007年から登場したアイフォンだが、そこから急速に世界に受け止められたということでは無い。いつ頃から市場がその規模を大きくしていったか、その真に流行となったのは2010年ごろからだ。それから2年前から少しずつではあるが市場の大きさを見せ、2009年から翌年の2010年までにその伸び率は約8%前後まで伸びるのだった。そして驚くべきは、その次の年となる2011年の頃、日本にとってこの年はもはや忘れることのできない年ではあるが、この時でもタッチパネル市場は湧きだっていた。

2011年以降は伸び率こそ低迷するが、市場の大きさは類を見ないほど巨大な市場へと変貌し、スマホなどのタッチパネル方式を採用した携帯機器は生活の中で当たり前のように受け入れられていく。そしてこれと同時にタッチパネルメーカーもある種の変遷を行っていくようになっていった。

スキルをブラッシュアップ!

パタヤ、ビーチロード・ソイ10にある3ッ星のhttp://golf.pptours-bkk.com/に驚きの低価格で宿泊できちゃう♪

タッチパネルメーカーの変遷

2010年ごろから急成長したタッチパネル市場だが、それまでタッチパネルとして活用されていたのは指やペンを用いて使用する事が前提だった。それがスマホやアイパッドといった携帯機器に採用されたことによって各メーカーにある変化をもたらす。その変化とは指1本で操作するのではなく、2本以上の指で操作可能とする機能を有したガラス基盤を用いるため光の透過性に優れたタイプのタッチパネルが誕生したことにより、新たな革新が展開されるようになった。

こうした中、メーカーとしてこんな動きがあったという。

  • 1:日本メーカーの携帯ゲーム機などに展開していた従来型のタッチパネルの生産に引続き注力したため、スマホ向けの開発が遅れてしまった
  • 2:競合する台湾メーカーに新方式となる液晶パネル技術を有していたため、日本が獲得していたシェアを奪われてしまう

意外と日本ではそうした事は率先して開発しているかのような印象を持っていたが、そうでもなかった様だ。またこうした流れに乗るかのように中国メーカーも新たに市場に参加するなど苛烈な争いは継続して行われている。

またタッチパネルという商品そのものを今後も運用して行くためにしなければならない事、それはまずタッチパネルを開発するために必要な電子部品を調達することもで考えていかなければならないということだ。タッチパネルを生産するにしてもまずは作るために必要な材料がキチンとした品質を最低限保たれていなければ、まともなものを作り出すこともままならないので、ある意味歯痒いところ。電子部品という点でも日本はまず、そうした基盤からしっかりとしなければならない。タッチパネルという時代の先端を行く技術と生産だからこそ、これから先どのように私達の生活で応用していけるのかは、コスト的なものを解決するために考えていかなければならない。

タッチパネルが導く電子機器の未来

ここ数年間で進化した電子技術の1つである『タッチパネル』、スマホに導入されたことでより日常に身近な存在になったものの1つだ。そして意外と知らないだろう、タッチパネルについての知識や原理など、全般的に知らないことだらけだったので全部ひとまとめにして調べてみた!