世界的な動き

アイフォンが全ての始まりだった

元々タッチパネル業界というものはとても狭いものだった事は言うところでもないだろう。スマホやアイフォンといったものが開発されるまでのことを考えれば、良くて券売機にATM、またはゲームセンターなどに見られるプリクラ機などのペンタッチパネルといったものだ。どれもコレも決して需要の高いモノでは無い事は言うまでもないが、そうした中で開発されたタッチパネル機能を搭載されたアイフォンの登場によって、スマホ第1世代型のタッチパネルの黎明期であり、そして始まりを意味している。またアイフォンが登場するまでのタッチパネル業界を牛耳っていたのはApple本社を置くアメリカではなく、日本と台湾という東方諸国に位置している国が世界でも類を見ないほどの開発に勤しんでいた。そちらについてはデクセリアルズ社のことも踏まえて考えてくれれば、何となく理解してもらえると思う。

ただ先ほど軽く話したとおり、2011年ごろから台湾メーカーが日本よりもその技術を躍進させたことで事実上にトップに踊り咲き、台湾企業が業界の中でも重要な位置に上り詰めることに成功した例を作り上げている。今でこそ台湾にある企業にその市場の大半を乗っ取られてしまっている日本だが、それまでに世界として二大勢力の1つとして有力視されていたこともここでうかがい知れることが出来る。ただまさかここまでアイフォン、そしてスマホが普及するとはさすがに予想することができなかったのか、ゲーム機などに採用されるタッチパネルの生産に従来どおり倣っていた為、肝心なところで外国の企業にのっとられてしまったというのは、少しばかり見逃せない点なのかもしれない。

遅れこそしたが、それでも何とか市場の中で食い下がろうとしてもがいているところを見る限り、今のところは挽回のチャンスを何とかものにしなければならないと何処となく焦っているような雰囲気もあるだろう。後はどうなるかは今後の見通し次第といったところだが、先行きはそれほど期待できるようなモノでは無いかもしれない。

スキルをブラッシュアップ!

業界の構造として

タッチパネル業界といっても馴染みがない人が多いと思う、確かに普及さえすれど元はとてもマイナーな業界としてその性質を纏っていたため、詳細を知っている人はそれほどいないと思う。正直筆者もこの記事を作成しているときに、タッチパネル業界というものが存在していることを知ったほどだ。かくもさながら世界は広しといったところだ、ではそんな世界を知るためにもまずは業界そのものを良く知る必要があるために、少し見ていこう。

日本を含めた世界として考えた場合、タッチパネル業界の模様として従来然として形成されていたのは2006年までのこと、その頃までは日本も業界トップクラスともいうべき市場を確保していた。それこそタッチパネルといえば日本という、そんなブランドが付いていてもおかしくなかった。しかしそんな業界もアイフォンの登場によって一気に形勢は逆転し、かつて市場トップクラスとも謳われた日本は従来型のタッチパネルに注力していたこともあって大きく後退してしまい、代わりに見計らうようにスマホなどの最新タッチパネルの製作に尽力していた台湾・中国で主に生産されるようになって行く。

現在までに日本では国産のタッチパネルも開発しているが、世界シェアという意味では台湾と中国に比べるとそのシェア奪還が少しばかり手間取っている状況が続いている。ただそうした日本の追撃を更に引き離すように台湾と中国も更なる生産ラインの確保に乗り出す、新たな製品を開発しようとするなどの動きを見せていることもあって、状況は至って苦しいところにあると考察した方がいいのかもしれない。

業界がもたらした影響力

様々な力関係が交錯している中で1ついえる事は、タッチパネルというものがコレほどまでに誰が成長するのを予測できたかだ。現在でもアイフォンの最新型が発売されれば、その機種欲しさに店頭に並んで世界で初めて、または日本で初めてといった熱狂を生み出すほどになっている。いずれは日常に溶け込んでくるだろうと、いずれ導入することを目的に開発は進められていただろうが、それがまさか携帯などのスマホを始めとした電子機器を発端として日本を、世界を巻き込むまでの大流行を生み出したのだから、仕掛けたApple社がどれほど凄いのかと思い知ることが出来る瞬間でもある。

また業界がこうした白熱をもたらすことでタッチパネルはスマホだけでなく、液晶パネルを始めとした様々な電子部品などにも高利益を生み出しているなどの余波をもたらしており、今後も成長期待度が高い分野として設備投資についても活発化しているのだから、かなり熱い。その結果としてのタブレットPCであり、タッチパネル方式搭載型のノートパソコンだったり、そしてゆくゆくはあらゆる日常生活において用いられる家具などへの渓流を形成するための基礎としては、十分なほどといってもいい。

今後もタッチパネルに関しては益々業界としても、企業としても、そして生産という面においても著しい成長が期待されていることだけは確かだ。またそれに伴って解決しなければならない課題もある中で、どのようにして解決へと導き、どんな人でも活用することが出来るものへと変革して行くのかを見守るのも面白い。当たり前のように登場し、そして当然のように利用しているスマホのタッチパネルなどをこうして改めて分析・考察してみると、実は考えさせられる事もあって実に興味深い。これからの発展に期待したいところだ。

タッチパネルが導く電子機器の未来

ここ数年間で進化した電子技術の1つである『タッチパネル』、スマホに導入されたことでより日常に身近な存在になったものの1つだ。そして意外と知らないだろう、タッチパネルについての知識や原理など、全般的に知らないことだらけだったので全部ひとまとめにして調べてみた!